PXL_20230905_204420123

7/27

ポリープ切除から一週間後、人工授精のための排卵チェックに来院。

先生「うん、排卵しそうだね。明日と明後日、どちらが都合良いですか?」

「どちらも大丈夫です」

先生「では明日人工受精をしましょう。今日はこのあと排卵を誘発する注射をしましょう。」

ニ度目ましての精液を入れる容器と、人工授精の同意書をもらいました。


先生「もし今回が駄目だったら…う〜ん、もう一回くらい人工授精をやって、それも駄目だったら体外受精に行くのが良いかと思います。」

私はステップアップに抵抗がなかったので「それでお願いします」と答えました。


問診が終わり、排卵を誘発する注射を打つため隣の部屋へ。

筋肉注射だからけっこう痛かった…🥲


7/28

初の人工授精当日。

今回もリュックの底に精液カップを入れて慎重に病院に向かいました。

受付に行ったら「検体は提出されましたか?」と聞かれたので「えっまだです」(ここで渡すんじゃないのかな…)

どうやら別の階の培養室に、先に精液カップを渡すシステムらしく。

初めてで知らないしそんな説明受けてないよ〜😭

なので別階の培養室へ行き提出。

その後いつもの不妊治療科でしばらく待機。


1時間程待って、順番が来ました。

精製された精子が入った細いビーカーに、赤文字で書かれた名前と患者IDを看護師さんと一緒に確認(2回くらい一緒に読み上げた)

下を脱いで、診察台に座った状態で先生待ち。

先生は初の女医さんでした。

最初に超音波検査。やはり超音波はいつでも痛い…

次に洗浄。水がシャーとくる感覚あり。


先生「子宮内に入れていきますね」

子宮内にくる…痛いかなぁとドキドキ…

先生「終わりました」

えっいつの間に?

無痛で一瞬で終わりました。

むしろ超音波が一番痛かったという…

看護師さんが熱いタオルで股間を拭いてくれた時はあったけぇ…てなりました🙏

この時のおばあちゃん看護師が優しくてとても良かった。


さて精液の結果ですが…

驚いた事に運動率が「0以上%」と書かれていました。

えっ「0以上%」て何???

運動性は「速・中・遅・無」と4段階があって「遅」に丸が付いてました。

どうやら全く精子がいない訳ではないのですが、とても少なく、運動性も遅い……

先生は「次回から体外受精した方がいい」と言ってました。

そしてとても丁寧に体外受精の説明をしてくれて、大量の資料や同意書をもらい、病院を後にしました。


※ここからメンタル急下降で暗いお気持ちを語ります



0%はショックすぎてしばらく上の空でした…

帰りながら少し泣きました。


先生が体外受精の説明をしながら「体外受精へ進む理由は男性不妊が要因です」と言いながら、書類の原因の所に☑男性不妊とチェックを入れているのを思い出し…

子供ができないのは男性不妊が原因やー!運動率0%て!

と旦那に当たりたい気持ちがありましたが…

私が最初に婦人科に行って筋腫があって不妊かもしれないと言われた時は、旦那は私を責めるなんて事はせずに

「もちなべの体は大丈夫なん?💦」

と私の体の事の方を心配してくれたのを思い出して、責められない…責められないよなぁ…とまた涙が流れました。


帰り道に赤ちゃんを見掛けたら辛い気持ちになり。

うっかりデパートの子供品売り場に迷い込んでしまった時はうぅっ…とキツくなり。

赤ちゃんだけでなく、子供も見ると辛い…

そのぐらい気持ちが落ち込んでしまいました。


帰りの電車にゼクシィの広告があって、それを眺めながらゼクシィにブライダルチェックの事とか載せてほしいとか思いながらその日は帰りました。(載ってたらすみません)